エヴリィ の室内ルーフに荷物受けを付ける。バンに荷物スペースを

DA64 室内ルーフキャリア 取り付け

我が家も子供の将来の為に経費削減の流れとなり、結果私の愛車スパイクを手放して、中古の軽バンに乗ることになりました。しかしスパイクには載っていた常備荷物がエヴリィには載らない不満があり、室内ルーフに荷物受けを作ることにしました。シートに取り付ける物入れは買ったけど、余計にゴチャゴチャして落ち着かないので変えたいと思ったのです。常時後部シートを倒しているので、いざ後部座席を作る事が出来ないというのもあります。突然、保育園から呼び出しが発生した時に対処しずらいのが決定的になりました。

背もたれ 入れ物 軽トラバン

初めはポールを買ってきて作る予定でしたが、ホームセンターを歩いていると便利なものが売ってありました。見栄えも良いし丈夫そうなのでその場でこれに決定。ネットを見てみると、結構使っている人がいました。ショートタイプが1本1000円くらい、取付パーツが1500円くらい。

インテリアバー・前後取り付けパーツ

インテリアバー・ショートタイプ

車のアシストグリップに取付けてとりあえず枠のみを作ります。寸法を測ってから再度ホームセンターへ。
エブリィDA64V系の場合約460×1000cmとあたりをつけました。これより少し小さいメッシュパネルを探します。ちょうど良いのがありました。450×900mm。1000円くらい。100円ショップにもありますが、強度的に不安点がありやめました。ネットでも買えるけどこれはホームセンターの方が安いかもしれない。パネルの向きに気を付けながら、結束バンドで枠に止めていきます。

メッシュパネル

メッシュパネル

室内ルーフキャリア パネル向き

あっというまに棚のようなものが出来ます。棚に荷物を載せるといい感じに載ります。完成!といきたいところですが、このままではブレーキの具合によっては荷物が落ちてきます。網も考えたけれど取り出しが面倒です。

室内ルーフキャリア

ここで生きてくるのがメッシュパネル。自転車コーナーに売ってあるゴムロープを使います。これを棚の上にジグザグに這わしておけば取り出しにもくくりつけにも便利で、荷物も載せれるだけ載せられます。

室内ルーフキャリア

なんとなくキャンパーっぽい車内になり、エブリィでキャンプに行きたい気分になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。