突発性の尋常性白斑になって|対策や考察、治療について

尋常性白斑症になって

突発的な尋常性白斑対処の記録

突然、尋常性白斑になる

突発性の尋常性白斑になりました。個人的にも怪しいなぁと思う節はありましたが、診断してもらうとその通りでした。初め人差し指に2つほど白斑が出来た後、右手指先のすべて、口周りに一気に広がりました。期間にするとおよそ3週間のうちにといった進行度です。WEBで検索すると尋常性白斑そのままでした。書かれていたことは、原因不明、治療法が限られていて効果のほども薄い。気が滅入る記述ばかり。検索してみても医療関係のサイトばかり出てきくるばかりで、患者本人の(継続的な)記述を見つけられませんでした。そこで何かの足しにと思い記述することにしました。発症は記憶にある限り、2019年1月の末から。この時期も後の考察で関係してきます。

私に関して。肌の状態に関して

私はこの記事の初稿時で42歳。まあ、おっさん。幼少の頃から手湿疹持ちで、主に指先に発症します。この手湿疹にかんしてはこれまで直った記憶がほとんどありません。アトピーとまではいかないけれど、肌のトラブルは抱えやすい方で、カミソリで髭を剃ると必ず荒れる。おでこの辺りに疥(はたけ)が出来やすい。そんな肌の状態です。肌の色は小麦色。白斑がよく目立ちます。
おっさんなら気にすること無いだろういきたいところですが白斑の場合は残念ながらそのようにはいきません。やはり自分の肌の色には少なからず、アイデンティティーに関するものがあります。やはり白斑になっていくのは心地よいものではないし、見た目の悪さもいろいろな弊害を生みます。

皮膚科・内科を受診してみる

まず、かかりつけの皮膚科を受診して、上記冒頭の診断を受け、薬を貰いました。直るかどうかは分からないよ。なかなか直らない。そんな前提で顔用に「ロコイドクリーム(ホルモン剤)」・体用に「デルモベート軟膏(ホルモン剤)」をいただきました。追加個人的にで、花粉症の時に処方された「リザベンカプセル※」が手湿疹の状態改善に影響があったような気がしたので、お願いして処方してもらいました。まずは手湿疹の出る場所に白斑症状が多いので、手湿疹を直すのが先だろうと思ったのです。※はアトピー性皮膚炎、ケロイドの改善薬。

次に、まず肌荒れの原因に何があるのか一度血液検査をしてアレルギーを調べようと思いました。

コーヒーを止めてみる

アレルギー検査のきっかけとして、手湿疹を直さないと次に進めないので、手湿疹について考えてみることにしました。これまで、気長に付き合っていかないとどうしようも無いよと皮膚科に行くたびに言われてきましたが、小さなポツポツ出来る水疱は、毛穴が詰まってそうなっているように感じていました。何かしらの理由で代謝が悪く、指先に出るのではないか、そうだとすると口から習慣的に摂取しているものが関係しているのではないか。とりあえず分かりやすいところから止めてみようと、毎日飲んでいたコーヒーを止めてみました。4月末の大型連休前からコーヒーを一切止めてみて、様子を見てみました。その間服用していた薬は「リザベンカプセル」。この薬は花粉症のはじめから飲んでいたので3月中旬より。数日経つと徐々に効いているように感じてきたのでそのまま継続してさらに数日。5月の中旬頃には自分でも驚くほど直っていました。記憶に無いほど昔から悩んでいた手湿疹が、これもまた記憶に無いほど良い状態になりました。自分でもなぜこれを止めなかったのか思います。湿疹の後に、白斑だけが残ったままです。これほど明らかに違いが出るのは、コーヒーアレルギーなのか?アレルギーの検査をしてみようと思ったのがきっかけです。

ほとんどアレルギーはなかった

残念ながらコーヒーのアレルギー検査は無いですが、何かの参考になるだろうと数十のアレルギー検査が出来る血液検査を内科で受けてみました。10日ほど待った結果は・・・杉とヒノキに少しアレルギーがあるだけで、他のアレルギーはありませんでした。自分でもこれは以外でした。だとすれば何だろう?これだけアレルギーが出ないと、コーヒーもしくはそれに不随するものとは考えにくい。原因が分からないまま大好きなコーヒーを止めなければならないのは残念で仕方ないけれど、これ以上肌の状態を悪くするわけにはいかない。ここまで湿疹が無くなると、元には戻りたくないものです。効果があった方法は維持する方針でいくのが最良です。

ここからは個人の考察

白斑の記憶を探る

皮膚科や内科医、アレルギー科の先生の話を自分なりにまとめると以下のどうしようもないポイントがあがってきます。

  1. 白斑は治りにくい
  2. 湿疹の後に出来ているので様子を見る
  3. 過去に白斑の発症は?若年でなる人が多い。ちなみに私は中年。それではなぜ?
  4. 根本の発症原因は分からないが、病気の起因になったりや誰かに移る、ということは無い
確かに治療を続けていても、治っているのかいないのか、動きを確認することが出来ません。途中でやめる人も多いのもうなずけます。そもそも原因不明で分からない部分が多いので、専門家の話も参考にはなるが、解決には導いてくれません。遺伝、自己免疫疾患、環境要因の組み合わせにより引き起こされるとWikipediaに書かれているので、しばらくはこれが道しるべになります。
最初に白斑が確認出来たのは、発症より数ヶ月前になります。草刈りをしている時にスズメバチに首を刺されました。ガツンと殴られたような衝撃があって、しばらくすると腫れました。腫れが引くと、刺された跡が白斑になっていました。それからさらに数ヶ月後、手湿疹の跡に広がり、口周り、おでこに白斑が飛んだように広がりました。治すのは大変なのに、広がるときは一瞬です。

発症初期の白斑

発症初期の手。湿疹の跡に白斑があり、手の甲には湿疹が残っている時期。

治す気持ちでの取り組み

手湿疹の跡に出来たのは間違い無いですが、環境要因という原因候補が気になりました。発症が始まった時期が個人的にいろんな事が重なりました。家族の生死に関わる大病・仕事の難しい時期・地域や商工関連の仕事以外の役が重なりました。すべて同時期に来て、特に家族の大病がキツく、まともにすべてやっていると24時間でもまったく足りない日々が続きました。そこで先のハチに刺された起因と合わせて3点の原因に絞りました。

  1. ハチに刺されたことにより生じた白斑からの肌の記憶
  2. 手湿疹による長期にわたる肌の損傷
  3. 生活環境の乱れによる免疫力の低下、もしくは免疫障害
1のハチに刺されたことにより生じた白斑からの肌の記憶は起こった後では仕方ありません。体が白斑になることを憶えてしまったと考えます。2の手湿疹は対応が可能です。食事・もしくは口から入る物を見直します。3の生活環境の乱れは、ある程度は仕方無いですが、重なってしまった役をほどほどにこなすということにします。

継続的に行ってみること

  1. 上記の軟膏(ステロイド)を朝と夜に必ず。ビーソフテン(血行促進・皮膚保湿剤)も忘れずに
  2. サプリメントを試す(以下にリスト)効果を計るため、2種のみ
  3. 肌に悪かった刺激物を絶つ。(今のところコーヒーと駄菓子的な疑似チョコレート)

希望的なこと

東京医科大学に白斑外来のページがあり、炎症後色素脱失は白斑疾患ではないと書かれています。
マイケルジャクソンが白斑症を患っていたのは、彼の死後判明したことで、悩んでいたであろうことがうかがえます。今のところ彼ほどの症状ではないとしてもより親近感を持って聴くことが出来ます。個人的に好きなアルバムは「Dangerous」。

現在飲んでいるサプリメント

3~4年続けていると効果があったらしいので試してみます(2019年5月15日より)。個人的にはいまのところ変化無し。
免疫改善に効果?があるらしいコロストラム(初乳)、Wikipediaにはおもしろい事が書いてあります。同時に肌の調子が良くなる?らしいビオチンも試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です