岡山を旅行|倉敷美観地区 後楽園 岡山城|子供と一緒に

瀬戸の花嫁・川舟流し

岡山倉敷美観地区に行ってみた

車で行くなら駐車場探しから

5月の大型連休に岡山美観地区に行ってきました。人が多いとは聞いていましたが、連休ということもあり想像を超えたものでした。駐車する場所を探すのもたいへんであちこち車で走り、最終的に駅近くの駐車場を使いました。他に駐車場を探す人もイライラしている様子だったので、楽しむ前に疲れてしまいました。連休中に行くと大変なのだという心持ちで行くと、イライラしなくてよいかと思います。駅からはそれなりに歩きますので、美観地区から離れた駐車場から小さい子供を連れて歩くなら、ベビーカーもしくはバギーは必須だと思います。基本的に小さい子供には退屈な場所でもあるので、その点も考慮に入れた方が良いかもしれません。

さすがに連休ということもあり、豊富にイベントもありました。瀬戸の花嫁(小柳ルミ子さんの名曲)をモチーフにしたイベントもされていて、モデルさんが花嫁衣装で現れ、川舟流しをする一連の流れを一日に何回かされているようでした。モデルさんなのでカメラを構えると視線をくれます。

瀬戸の花嫁 モデルさん

川舟流し

倉敷美観地区で昼食

倉敷美観地区 備中そば やぶ

食事をしようと思っても、人が多くゆっくりと選べず。人の流れが途切れた時に「備中そば」の幟が目に止まり客の回転も早かろうと入りました。それが正解で美味しいお蕎麦屋さんでした。出汁の味も程よく、安倍川もちも子供に受けよく最高でした。

備中そば やぶ

備中そば やぶ お餅

後楽園へ

岡山の市街地から少し離れた場所で一泊して、日本三名園の一つ後楽園に向かいました。目的は岡山城を見ながらスワンボートに乗ってみようでしたが、さすがに名園というだけあり、5月の快晴日には最高のスポットでした。大人は見事な庭園にほれぼれしながら散策できるのですが、子供は何を楽しむしめば良いのかというと、鯉の餌やりが楽しいです。茶屋で棒麩を買って楽しみます。どんどん寄ってきてくれるので、夢中になります。スワンボートは岡山城側の後楽園出口付近で乗れます。自分のイメージでは結構楽な乗り物というイメージでしたが、子供が小さいなら大人が頑張らなくてはなりません。多少の運動になり楽しいです。桃のボートもありました。どうせなら岡山城も見ておきたいので後楽園に入る際、セット入場券を買っておくのが良いと思います。

岡山 後楽園 鯉

岡山 後楽園 流店(りゅうてん)

岡山 後楽園

五月の鯉のぼり

岡山 後楽園 岡山城

スワンボート乗り場

岡山 後楽園近く スワンボート

岡山城へ

写真の見た目の通り、戦時中に消失してしまっているので、昭和39年~41年に再建された鉄筋コンクリート造り。中は博物館っぽいですが、外観は見事で形も美しい。絵になります。連休ということもあり、城の前で屋台があり、地元の飲食店によるお酒や、食べ物が売られていました。みなさんフレンドリーでついつい買ってたべました。ボランティアでポーズを取ってくれる甲冑姿のボランティアもいて楽しい休日になりました。

岡山城

岡山城 入り口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。