2017年10月台風の記録|京都 福知山三和町

2017年台風の記録

 10月22日13時ころより雨風ともに激しくなる。特に風が強い印象でだった。川の水位が短時間で上昇する。夜には川の堤防の面一杯まで水位が上がるが、乗り越えることはなかった。昼の1時頃から消防団員が詰所で待機をした。結局、徹夜の待機・巡回となった。翌日昼までの待機となった。
 菟原下二、地蔵近くの道路で陥没、崩落が起こった。水があふれ、多くの石が道路に散乱したため、カラーコーンで迂回を促した。倒木が何より多く、倒れた木の影響で電線が切れる箇所があった。福林寺の登り口付近の街灯に通電する電線も倒木により断線した。朝巡回すると、三和鶏園登り口で土砂崩れが起こっていた。
 各戸で壁や屋根が壊れる被害が目立った。大身の神社近くで電線の断線があり、スパークしているという報告が印象的だった。触ると危険を伴うので、関西電力に任せた。

2017年台風の記録2017年10月台風

嵐の日の対策

秋なので落ち葉も多く、雨が激しく降り始めた時点で樋(とゆ:こちらでは「とゆ」と言う)を見て回る。予め集水器の位置を憶えておき、早速そこを中心に見て回る。この作業はいざと言う時には準備が出来ないので、予め、梯子(はしご)、合羽、手袋、長靴、ライトのある位置は把握しておく。出来れば着る物は一カ所にかためて置くようにする。最近ではBluetoothのハンズフリーイヤホンも簡単に手に入るので、あると非常に便利。雨の中での作業中も連絡が取りやすい。スポーツイヤホン(生活防水機能あり)はあった方が良い。


公開日:2017/10/27 | Posted in 京都丹波の事 | tasogaretombo 

関連記事