福知山の積雪2017年1月

2017年1月の大雪

2017年1月14日から15日にかけて、両日とも約40cm、合計で約80cmほどの雪が降り積もりました。朝から雪かきをするもどんどん降り続き、掻いたそばから積もっていく状態でした。15日は日曜日で、16日月曜になっても多くの雪が道路上に残る状態でした。朝から通勤ままならない状態で福知山の長田野工業団地では多くの企業が休業となりました。
 数年雪が降ることはもちろん積もることもほとんど無かったので、多くの人が雪かきの道具を近くのホームセンターに買い求めました。15日にはほとんどの店でスコップ1本も無い状態となりました。1週間ほど雪かきに精を出す人が多く、その後は腰痛の人を多く見かけました。

福知山 積雪2017福知山 積雪福知山 積雪2017 福知山 積雪2017福知山 積雪2017

大雪の失敗

数日の雪かきが続くと、はじめは威勢が良くても徐々に疲れが溜まってきます。天気予報を見ていると、まだまだ雪が降る予報となっていました。さすがにこれはどうにもならないと思い、道具の買い足しを考えました。
 しかしホームセンターに行っても雪かき道具はすべて売り切れ状態。仕方無くAmazonですぐに届く物を買い求めましたが、これが大きな失敗でした。スコップを3本ほど買いましたが、2本はサイズが小さく、1本はスコップの先端部分のみ(柄が無い)。都心部なら使えるスコップも田舎では使えないサイズもあるのだとこの時はじめて知りました。スコップなんてどれも同じサイズくらいだろうと思い込んでいたのです。1本は画像のみを見て説明書きをよく読んでいませんでした(不親切な画像であることに変わりない)。
 そしてもう一つ大きな失敗が、疲れ果てていたこともあり、買ってしまった超安価な除雪機でした。除雪機は選択が難しいのは知っていました。中途半端な除雪機も意味が無いのも知っていました。このあたりの雪はすぐに重くなり、機械ではなかなか難しいというのも知っていたのです。でも、少しくらいは役に立つよね。このまま降り続くのもぞっとするし。3万くらいだし、まあいいかと思ったのです。今から考えるとまったく良くないのですが、、、、それくらい疲れていたということです。
 待ちに待って着いた当日。4馬力エンジン付き除雪機です。見た目も十分格好いい。これはもしかして大当たりか!と思ったのですが。組み立てている最中からどうも違和感が。。。。なぜこうなる。。。という部分が多い。エンジンはなぜかすぐに掛かる。うぉっこれはそれでも良いかもと思うのですが、動かしてみるも、やはり雪が重くまったく掻け無い。おまけに直ぐにタイヤが外れる。部品は飛び散り雪の中どこに行ったか分からなくなる。自前の道具で直してみるも、今度はエンジンと雪掻き部分をつなぐベルトが外れる。見た目はまあまあんまのですが。さんざんなものでした。組み立てにかなりの時間を要しましたが、それでもエンジンだけは見事に掛かることに妙に納得させれられました。素人目に見ても、設計に大いに問題がありそうでした。持ってきてくださった運送会社の運転手が同機をかなり配達したと聞いていたので、同志に同情しつつ、己の浅はかさを嘆きました。
 雪の事はまったく解決していないので、知人への十分な笑いのネタを得れた事によしすることにしました。結局スコップとスノーダンプを2日後に入荷した福知山市内のホームセンターに買いに行くという始末となりました。


2017-01-28 | Posted in 京都丹波の事 | tasogaretombo 

関連記事