菟原恵比寿講

菟原恵比寿講

菟原恵比寿講

一月十日。菟原恵比寿講は十日えびすとして行われます。1年の無事を感謝し、五穀豊穣、商売繁盛を祈願します。
まず古い飾りを焼き、お詣りをしてから新しい飾りを求めます。飾りは数種用意されています。福引きが行われるためか、高齢化といえども参加される方は多く、一等はお酒、二等、三等に砂糖などが用意されています。しかしながら、大半はカップラーメンなどのインスタントを持って帰ることになりますが、それはそれで楽しみでもあります。甘酒の振る舞いもあり、ショウガを入れると体の中まであったまります。

菟原恵比寿講 古いお飾りを燃やす

菟原恵比寿講 古いお飾りを燃やす

菟原恵比寿講 お飾り

菟原恵比寿講 お飾り

菟原恵比寿講 福引き

菟原恵比寿講 福引き


公開日:2015/01/10 | 更新日:2015/05/24 | Posted in 福知山案内, 行事・文化・地方の事 | tasogaretombo 

関連記事