若宮神社 厄除大祭 | 京都 綾部

綾部市 若宮神社

厄除大祭

毎年2月17・18日に執り行われます。
御祭神は猿田彦神。
毎年多くのお詣りがあり、期間中は絶えることがない。境内では福引、厄除うどんや厄除饅頭の販売もあり、参道には的屋も並ぶため、賑やかなお祭りの雰囲気があリます。

綾部 若宮神社 厄除け綾部 若宮神社 厄除け綾部 若宮神社 厄除け綾部 若宮神社 厄除け

場所

住所:〒623-0035 京都府綾部市上野藤山1番地
2月17日、18日は大本教所有の駐車場が解放されますので、駐車場は心配する必要がありません。お詣りが混む時間帯に行くと、少し離れた駐車場に止める事になります。駐車場誘導員は多いです。

雪の日の厄除祭

若宮神社の雪日の厄除大祭は独特の雰囲気があって美しい。所々の赤、黄色が雪の白さと合わさって綺麗です。

綾部 若宮神社 厄除け 雪の日綾部 若宮神社 厄除け 雪の日綾部 若宮神社 厄除け 雪の日綾部 若宮神社 厄除け 雪の日綾部 若宮神社 厄除け 雪の日

巫女さん

高校生のアルバイトでしょうか。巫女さんにお札を渡していただくと、厄除のご利益がありそうな気がします。

綾部 若宮神社 厄除け 雪の日綾部 若宮神社 厄除け綾部 若宮神社 厄除け

九鬼霊社

綾部藩の初代藩主 九鬼隆季を祀っています。 九鬼氏の影響は大原神社など、この地方の随所で見られます。 「大原神社の節分祭」でのかけ声もその影響だと言われています。

綾部 九鬼霊社


公開日:2017/02/19 | Posted in 行事・文化・地方の事 | tasogaretombo 

関連記事