洋菓子工房マウンテン

洋菓子工房マウンテンに行く

福知山のマウンテンといえば

福知山のマウンテンと言えば私にとってはチーズケーキが有名なお店だった。そのチーズケーキの姿は今でも店頭にそのままの姿(デザイン)で並んでいるのでひそかにうれしい。チョコレートが有名な今でも、店頭でその姿をついつい確認してしまう。
子供の頃はじめて食べたチーズケーキがおそらくマウンテンのそれで、今でもチーズケーキと言われれば姿が目に浮かぶ。食感もどことなく思い出される。そういった事を思うと地域の洋菓子屋さんの役割って大きいなと思う。
息子さんが2007年にワールドチョコレートマスターズ・フランス・パリ世界大会世界第一位、総合優勝された。その数年後、実に華やかな実績をもって故郷に帰ってこられて、良い意味でお店も様変わりした。優勝された時も、帰ってこられる時も、地方新聞はお祭り状態だったのでよく憶えている。個人的にはそのような実績があるなら何も福知山に戻ってこなくてもと思ったけど、帰って店を継がれた。その後の活躍を見ると、場所は関係ない事を実施されているようで正直、その格好良さに刺激を受けた。

三段池公園のお店

福知山は災難な事に2013年と2014年に2度の大きな水害があった。洋菓子マウンテンは立地の問題もあり、2度とも被災された。そして見事に復活して三段池公園に新店舗を構えられた。
三段池公園は動物園あり、科学館あり、植物園ありの公園で、小さなお子様がおられるなら1日遊べる、ぜひ行ってほしい場所です。そんな場所にカフェ付きで店舗を構えられました。

洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン洋菓子マウンテン

場所

住所:〒620-0017 京都府福知山市字猪崎小字山本322
電話: 0773-22-1658
営業時間:10:00~18:30(カフェ・スペースのラストオーダー: 18:00)定休日:水曜日

ガレット・デ・ロア

ガレット・デ・ロアはフランスの伝統的なお菓子で、中にフェーヴという小さな陶器の人形(ケーキ型のも多い)が一つ入ったパイ菓子です。家族で切り分けて食べて、フェーヴが当たった人は王冠を被り、皆に祝福されます。1年間幸福に過ごせるという”当たり”です。
このパイの存在をマウンテンで知るようになり、ここ数年正月はこれを親族皆で楽しむのが習慣になっています。子供が多いと大いに盛り上がり、パイも当然美味しいので大好評です。家族が多い場合は数枚頼むのをお薦めします。その枚数分幸福な人も出来るので、正月を楽しく過ごせます。
例年12月26日頃に予約をします。出来れば先に支払いも済ませておけば受け取りもスムーズです。1月1日~2日の受け取りが良いと思います。
結構難しいお菓子なのか、1年に1回きりのものだからか、毎年微妙に異なる味も良いものです。

洋菓子マウンテン ガレット・デ・ロア 洋菓子マウンテン ガレット・デ・ロア

個人的に好きだったバターサンド

マウンテンの商品で忘れられない味があり、それが先代水野氏が作っていたバターサンドです。リーフ型のクッキーでフレッシュバターを挟んだバターサンドです。今は残念ながらありません。よく友人へのお土産や特別な日に買い求めて楽しんでいました。とにかく絶品で、北海道にも有名なバターサンドがありますが遥かに美味しいと個人的には思っていました。忘れられず、感謝の意味を込めて当時撮った写真にて。

洋菓子マウンテン バターサンド


公開日:2017/01/14 | 更新日:2017/01/13 | Posted in 福知山案内 | tasogaretombo 

関連記事